【京都】紅葉シーズンの嵐山でも平日の午前中なら混雑しない?実際に行ってみた結果

スポンサーリンク
観光

京都・嵐山は日本でも屈指の紅葉名所ですが、紅葉シーズンの嵐山ってものすごく混雑しますよね…。

連休中に行くと紅葉よりも人を多く見ることになりかねません。

混雑を避けるために平日に有休でも取って、ゆっくり紅葉を楽しもうと計画されている方もいらっしゃると思います。

確かに嵐山で混雑を避ける方法を調べてみると、平日の午前中なら混雑しないという情報が出てきますが、本当でしょうか?

実際に現地に行って確かめてきました。

スポンサーリンク

渡月橋・天龍寺周辺の平日午前中の混雑状況

今回訪れたのは2019年11月21日(木)。

例年なら次の連休が紅葉シーズンの混雑のピークとなります。

ピークの2日前の平日ですが、混雑状況はどうでしょうか?

午前8時前の渡月橋です。

紅葉シーズンとは思えないほど空いていますね。

この時間帯に到着すれば静かに紅葉見物できそうです。

午前8時過ぎの竹林の道。

さほど混雑はしていませんが、人が写らない写真を撮るのは難しい状況です。

この辺りは外国人観光客で賑わっていました。

午前8時半、渡月橋付近に戻ってきました。

この辺りは観光の中心部でいつも大変な人混みになりますが、まだお店も閉まっている時間帯なので人は少ないですね。

午前9時頃の渡月橋。

写真ではわかりにくいですが、まだ橋を歩いている人はまばらです。

空が晴れてきて撮影に夢中になってしまいました。

午前9時半頃、世界遺産の天龍寺に来ました。

それなりに人はいましたが、移動や撮影が困難なほどではありません。

この程度の混雑具合ならゆっくり紅葉見物できます。

庭園の紅葉は真っ盛りで見事でした!

午前10時頃の竹林の道。

ちょっと人が増えてきたでしょうか。

午前11時頃の渡月橋。

かなり混雑してきました。

スムーズに橋を渡るのが困難なほどの人混みです。

これでも休日よりはマシですけどね…。

混雑を回避するには11時までには観光を済ませておいて方が良さそうです。

嵐山エリアで混雑を回避するには?

人混みに疲れてしまった時は、穴場スポットに避難するのがおすすめです。

嵐山エリアの中心部からすぐ近くでも、ゆっくり紅葉が楽しめるスポットがありますよ。

法輪寺は紅葉の穴場スポット!

法輪寺は渡月橋の南側、阪急嵐山駅付近にあります。

嵐山エリアの主要な観光スポットは渡月橋の北側に集まっているため、南側のこの辺りは人が少なく、とても静かに紅葉が楽しめますよ。

大混雑の渡月橋を抜けて午前11過ぎに到着しましたが、観光客は2~3組だけでした。

参道の階段や多宝塔周辺の紅葉が見どころ。

拝観料が無料なのも嬉しいですね。

住所京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町68-3
営業時間9:00~17:00
拝観料無料
アクセス阪急嵐山線「嵐山駅」下車徒歩約3分、嵐電嵐山本線「嵐山駅」下車徒歩約10分

まとめ

紅葉シーズン真っ盛りの嵐山でも、平日なら午前8時台に到着すれば人は少なく、ゆっくり紅葉を満喫することができますよ。

9~10時台になるとだんだん人が増えてきますが、移動すら困難というほどではありません。

11時台にはかなり混雑するので、それまでにメインエリアの観光は済ませて、法輪寺などの穴場スポットに避難するのがおすすめです。

嵐山周辺で宿を探す